大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 器具を使わないO脚矯正

器具を使わないO脚矯正

女性がきれいなボディラインを目指す中で、抑えておかなければならないポイントは真っすぐに伸びた細い脚です。
ウエストや脚、ヒップとバスト、というように女性は男性と比較してもメリハリを重視する事が必要であり、それぞれに気を使いながらダイエットをしなければなりません。
さらに脚に関しては、細さだけではなくその形にも目を向ける必要があります。
細くてもO脚であったりX脚であったりすると見た目がきれいに見えません。
しかしこの問題を解消する為のO脚矯正などの方法は、一般的なストレッチやエクササイズだけで進めるのは難しいので、別の方法を考える必要があります。

O脚になるのは脂肪の問題ではなく、骨格の問題です。
その為、骨の矯正が必要になるわけですが、骨は脂肪と同じように燃焼させて形状を変えていくのではなく、圧力や刺激を加えながら矯正する事が求められます。
専門の器具などを使ってO脚矯正を行う整体院などもありますし、自宅でO脚矯正が出来るグッズなども広く販売されています。
これら特別なアイテムを使ってダイエットと併用していく必要があるでしょう。
しかし、これらのアイテムに頼って行う矯正は元に戻りやすいというデメリットを抱えています。
何故なら脚は他の骨ともつながっていて、どこかの歪みが脚に影響を与えている可能性が高く、無理に膝をくっつけようとしても意味がないからです。

では脚の骨に影響を与える骨格ですが、これは骨盤である可能性が高いです。
腰から下の辺りにある骨盤ですが、これが開いてしまうと、脚の骨も左右に広がるように構成されてしまうので結果的に膝と膝の間が空いてしまう事になります。
女性は特に妊娠や出産などで骨盤が開きやすくなります。
妊娠中は胎児を守る為に骨盤の形状が変わり、さらに出産する時には大きく開きます。
だいたいが時間の経過と共に元に戻っていくわけですが、数回の出産で元に戻る力が弱くなったり、姿勢が悪いという原因で戻らなくなる事もあります。

また筋肉の問題がO脚を形成している可能性もあります。
男性と比較しても女性は筋肉量が少ないですが、骨を真っすぐに保つために支えているのは周辺の筋肉です。
筋肉量が少なければ、骨が歪んでしまって歪みに繋がっていきます。
膝と膝を左右から外側に広げる原因ともなってしまいますから、筋トレなどの方法で改善を図る必要があるでしょう。
整体などでの矯正にプラスして行うとより効果的です。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日