大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 大腰筋を鍛えて反り腰を予防する

大腰筋を鍛えて反り腰を予防する

大腰筋を鍛えることにより、反り腰を予防したり改善することが出来ます。反り腰が出来てしまうのは、腹筋と腰の筋肉のバランスが乱れてしまうことです。人間の体をしっかりと支えるためには、腹筋と腰の筋肉がバランスよくなければならないのです。
腹筋が弱ってしまい、腰の筋肉だけが強くなってしまうと、姿勢を支えるために、腰の筋肉が集中的に使用されてしまうことになります。それにより、腰が反ってしまった状態を維持し続けてしまうのです。
腰を鍛えたとしても、腰の痛みなどが改善されないのは、腰の力が強すぎるために、常に使用し続けてしまうからです。その結果疲労が溜まり続けてしまい、腰痛などの腰の症状があらわれてしまうことになります。
これを改善するためには、反り腰を改善しなければならなく、またそのためには腹筋を鍛える必要があり、特に大腰筋を鍛えることが大切になります。
腹筋を鍛えることにより、強すぎる腰の働きを緩和することが出来ます。これは腹筋により、姿勢を支えることが出来るようになるからです。腹筋を鍛えることで、腰を伸ばすことが出来るために、良い姿勢に繋がることになります。
大腰筋は腹筋の中でも。足を動かす場合において使用されることの多い筋肉です。大腰筋がしっかりと鍛えられることにより、まっすぐな姿勢を維持することができます。なので積極的に鍛える必要があるのです。
腹筋を鍛えることで、腸内の環境を整えることが出来ます。これは腹筋が弱い場合であると、腸に対して適度な腹圧をかけることが出来なくなってしまいます。
そのため腸が常に前の方に出ている状態になってしまうのです。これでは腸の蠕動運動が鈍ってしまい、腸本来の働きを行うことはできなくなってしまうのです。
腹筋を鍛えることは、反り腰を改善するだけではなく、健康状態の改善にも影響することになります。また適度な腹圧は食欲を制限するために、ダイエットを行っている場合においても、有効なのです。
腹筋と腰の筋肉は、本来お互い支え合って働いています。しかしどちらかの力が強くなりすぎてしまい、バランスが乱れてしまうことになると、強くなった筋肉が働きすぎてしまうことになります。特に現代人においては、前のめりになりやすく、腰の筋肉を使用してしまいがちなのです。しっかりとまっすぐな姿勢を維持し続けるためには、両方の筋肉を使用しなければならなく、その場合には大腰筋を鍛えることが有効なのです。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日