大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 注意が必要な男性の骨盤のゆがみと矯正方法

注意が必要な男性の骨盤のゆがみと矯正方法

骨盤のゆがみは女性にばかり目が行きがちですが、実は男性の場合も注意が必要で、健康に悪い影響を及ぼす可能性があります。

骨盤は寛骨・仙骨・尾骨からなり、上半身の腰椎と下半身の大腿骨の間に位置しています。人間の体の中心にあり、身体全体を支えています。
骨盤は、筋肉や靭帯によってしっかりと支えられ、下腹部にある直腸や前立腺など各種の内臓を保護する役目を担っています。また、二足歩行など脚部を使った動作をする際の、土台としての役割もあります。男性と女性の骨盤は、大きさや形状、強度などの面において違いが見られます。男性の場合は、女性のそれと比較してがっちりとしており縦長です。反面、女性のような柔らかみに欠け、骨盤周りに固さが見られるのが特徴です。

骨盤のゆがみには沢山の原因があり、その多くが生活習慣です。特に運動不足や姿勢によるものが多く、筋力の低下もゆがみに拍車をかけることになります。デスクワークなどで長時間イスに座ることや、胡座をかくこと、横になる際に肘を立て頭を支える姿勢をとることのほか、カバンを片方の肩にだけかけるなど、無意識に行ってしまうしぐさも骨盤のゆがみの原因になってしまいます。

骨盤に歪みが生じると、体液や血液などの循環が悪くなり、身体にむくみを生じることがあり、少なからず健康に悪い影響を与えます。代謝が悪くなるため、身体が冷え、人によっては太りやすくなるなどの弊害が発生します。冷えや血流の低下は、肩こり痛なども発症しやすくなります。

骨盤のゆがみは、セルフで簡単にチェックすることができます。
一番簡単な方法としては、自分の身体全体を鏡に映してチェックする方法があります。正常な状態であれば、左右のバランスがとれ、傾きなどは見られませんが、どちらかの肩が下がっている、頭が片側に傾いている、下腹部が出ている、膝の高さが左右で違う、両膝が付かないなどの症状が見られる時は、骨盤にゆがみがある可能性が大きいと言えます。

脚を真っ直ぐに伸ばすような感じで仰向けになった際に、左右の脚のつま先の間の角度が約90度ぐらいであれば正常ですが、両方のつま先が閉じすぎて角度が無かったり、どちらかの脚か、あるいは両方の脚が開きすぎて角度がありすぎる場合は、骨盤にゆがみが生じている証拠です。
一般的に、角度がありすぎる場合は骨盤が開き気味で、逆に角度が小さい場合は骨盤が閉じ加減であるため、矯正の必要があります。

骨盤のゆがみは、簡単な方法で矯正することができます。仰向けに寝た状態でお尻を浮かせるようにし、その姿勢を10秒から20秒程度キープします。この動作を定期的に行うことで、骨盤のゆがみを予防することが可能です。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日