大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 産後の骨盤矯正に適切なクッションの選び方

産後の骨盤矯正に適切なクッションの選び方

女性は妊娠中、赤ちゃんを守るためにだんだんと骨盤が広くなっていきます。
出産に向けて体が準備し始めるのです。
しかしお母さんの中には妊娠中に広がってしまった骨盤が戻るのだろうか、腰回りについてしまった脂肪が落ちるのだろうかと不安になる人が多いです。

そんな方に必要なことは産後の骨盤矯正です。
出産時に骨盤は開ききった状態になります。
この状態のまま放っておくと、内臓が下に下がり下腹はポッコリと出たまま、そして血行のめぐりが悪くなることで体の代謝能力が下がってしまいます。

しかし、産後は骨盤が柔らかくなっていることもあり産前よりも正しい位置に骨盤を矯正することができることもあります。
代謝をあげると脂肪も燃焼しやすくなりますし、広がっていた骨盤を治すことでお尻も小さくなります。
産後に気になりがちな体重も減りやすくなるので、以前よりも体型がスリムになったという方もいらっしゃるほどです。
なのであまり過剰に不安にならず、産後にしっかりと対策を行うことを考えましょう。

少しでも改善するために骨盤矯正クッションを使用してみてください。
産後2ヶ月ぐらいたってお母さんの体に異常がなければ骨盤ケアを始めて欲しいのです。
産後半年以上経ってしまうと骨盤は固まって動きにくくなります。
そうなる前に柔らかい状態でケアを始めましょう。

この時にクッションの正しい選び方があります。
座った際の座り心地は大切なのですが、あまりにも柔らかいものだと矯正する効果が弱いのであまり意味がありません。
座ってみていたくない程度の硬さがあるものを選びましょう。

次に大切なことは、形をどの形にするか考えることです。
クッションの中には椅子の上にポンと置くタイプと背中まで付いているタイプとあります。
合うかどうかはその人によっても違うので、一概にどのタイプが良いかはハッキリとは言えません。
しかし背面に支えがあるものは骨盤が後ろに倒れることを防いでくれるので、より効果を感じたい方はこちらの方が合うかもしれません。
初めての方でお試しで使ってみたい方はお値段もお手軽な椅子の上に置くタイプのものが良いかもしれません。

このように座り方一つで骨盤矯正は行うことができます。
いきなりハードなことはする必要がありません。
母体の状態に合わせて、ゆっくりと改善することが大切です。

不安なことがある場合は病院の先生や先輩のお母さん方、周囲の人に相談して気持ちを少しでも楽にしましょう。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日