大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 産後の骨盤矯正の方法と効果について

産後の骨盤矯正の方法と効果について

女性は妊娠中に赤ちゃんを守るため、とくに腰回りに脂肪がつきやすくなります。
どんどんと体型が崩れていくことに自信をなくしたり、不安を感じる方も多いようです。
産後に元の体型に戻ったという方と戻らなかったという方といらっしゃいますが、一体どのような違いがあったのでしょうか。

まず体型を早く戻したい方はゆがんだ骨盤を矯正することから始まります。
骨盤矯正をしっかり行ったかどうかで体型にかなりの変化が現れます。
妊娠中は骨盤が開きやすくなることから、開いたままにしておくと産後も内臓が下に下がる傾向にあります。
そのため下腹がポッコリとしたままになってしまいます。
さらに骨盤周りの血液の循環が悪くなってしまい、老廃物や脂肪がたまりやすくなります。
すると下半身に脂肪がつきやすくなり以前は履けていたズボンが入らないままになってしまうのです。
その他にも冷えやむくみも悪化しやすくなるので骨盤矯正は本当に大切なことなのです。

ではいつから始めたら良いのでしょうか?
産んですぐは、まだ出産の時の疲れが残っているので、だいたい2ヶ月頃から1年ぐらいかけて行うと良いです。
あまりにも時間が経ってしまうと骨盤が固くなり矯正しやすくなります。
産んだあとは柔軟に動きやすくなるので、矯正するにはもってこいなのです。

次に骨盤矯正の方法です。
効果的なのは骨盤ベルトや矯正下着で正しい位置に固定することです。
どの場所につけて良いかわからない場合は病院の看護婦さんか先生に相談すると正しい付け方を教えてくれます。
少しずつやんわりと着けるようにして、いきなりきつくしないように気をつけてください。

他にも方法はあります。
骨盤のストレッチをすることです。
骨盤を元に戻すための体操やストレッチがあります。
その方に合わせて合う合わないと思いますので、ご自身がされてみて気持ちが良いと思うもの、体に負担がかからないものを選んでください。

そして次の方法が整体やマッサージを受けることです。
専門の方に診てもらい、どんな状態になっているか教えてもらうと良いでしょう。
産後はどんな状態になっているのか自分ではわからないので、骨盤が開きすぎてしまっているのか状態を見ながら矯正していくことは大切です。
赤ちゃんがいてなかなか通えない方は少しの時間だけでもご主人様に見ていてもらう、託児所が付いているところを探すなど方法を探してみてください。

お母さんが元気に楽しく育児ができるように周囲の人の助けも借りながら、ゆっくりとご自身のペースで体を回復させましょう。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日