大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 産後の骨盤矯正はいつから始めるべきか

産後の骨盤矯正はいつから始めるべきか

骨盤を矯正することで腰痛や肩こり、頭痛などの症状が改善したり、ダイエットに成功する例も増えています。というのは骨盤はいわば体の中心です。これが本来あるべき位置にあれば問題ないですが、バランスが崩れてあるべきでない位置になってしまうと、体の変なところに負担がかかり、様々な問題が生じるのです。
それに骨盤の中には臓器があります。つまり骨盤の位置がずれることでこれらの臓器の位置もずれてしまい、機能が低下する可能性が高いのです。また本来骨盤があるべきところがぽっかりと空いてしまうと、その部分をそのままにはしておけませんので、そこは脂肪で埋められてしまいます。すると肥満の原因ともなるのです。

骨盤矯正で姿勢を正したり、ダイエットしようという人も多いですが、きっかけの一つが出産です。女性は産後、骨盤が開いた状態になります。骨盤が前の位置に戻る際、ついでに骨盤矯正をしようというのです。となると産後の骨盤矯正はいつから開始すべきなのでしょうか。
産後は体が非常に疲れた状態で、特に下半身がむくんでいることが多いです。だからと言って何もしないでは骨盤がずれる可能性があるので、とりあえず産後すぐから骨盤ベルトで調整しましょう。今では多くの産院で骨盤ベルトを推奨していて、入院の際の持ち物リストにも入っているので、特に問題はないでしょう。
ただ、ベルトだけでは少々不安な方も多いでしょう。となると整体院などでの骨盤矯正となりますが、これはいつからいいのでしょうか。

退院後、体のむくみなど出産時の疲労がとれたらすぐに行うのがベストです。ただ、生まれたばかりのお子さんがいるので、整体の施術を受けている時間にそのお子さんをみてもらえないと実際は厳しいです。実家のお母様などみてくださる方がいればいいですが、そうでないとなるとご主人のお休みの都合に合わせて予約するしかありません。
また、最近では産後の骨盤矯正の需要が増えていることから、施術中は小さなお子さんをみてくれるサービスを行う整体院もあるので、探してみるといいでしょう。

産後の骨盤矯正はいつからという質問に対する答えとしては、自分で締めるベルトは直後から、施術は退院後、むくみなどの出産時に疲労がとれてからとなります。もちろん出産時の疲労が大きかったり、帝王切開の傷の治りが悪いなど個人差があるので、誰もが退院直後からOKとは言えません。自分の体と相談をして外出して大丈夫となれば、その時が始め時なのです。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日