大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 産後の骨盤矯正をしたほうがいい理由

産後の骨盤矯正をしたほうがいい理由

女性の体というのは、妊娠、出産を機に大きく変わっていきます。一人の人間を生み落とすわけですから、それは当然のことですが、女性の体の負担というのは想像以上に大きいもので、出産後も残ることが多いです。その中でもダメージが大きいのが骨盤です。これは出産直後は3キロ近い胎児がお腹にいて、出産時に骨盤が開いて生まれてくることを考えれば容易に想像ができます。女性は妊娠が進んで、おなかが少しずつ大きくなってくるにつれて、胎児が膀胱を圧迫したりするうちに、骨盤も少しずつ開いてきます。そして出産時はそれがピークとなります。出産が終わったからといって、骨盤が簡単にもとの状態に戻るということはないです。その後も赤ちゃんをだっこすることもありますし、自分では自然と治ることはないです。ただ、開いた状態でいると、体に良くないことが起こります。まずは、腰痛です。出産後、もとに戻ろうとしますが、左右の骨盤のバランスが正しく定位置に戻ることはないです。このバランスがずれることにより、筋肉の力の具合のバランスがずれるので、腰痛になったり膝が痛くなったりします。そのときは、まだ若いので我慢ができる程度ですが、40代、50代になってから、その症状が如実にでることになります。ですからそうならないように、産後にまずは骨盤矯正をして左右の骨盤のバランスを整えておくことが必要です。また、骨盤が開いた状態だと内臓がだんだんと下がってしまいます。これも女性には多い症状です。このため、血流がわるくなってリンパの流れも悪くなり、むくみやすくなってしまいます。そうならないためにも骨盤矯正が必要です。
また、産後の女性を悩ませることに尿漏れがあります。骨盤が開いた状態のままだと、この骨盤底がゆるみ、尿道の締まりが悪くなって尿もれの症状がでてしまいます。妊娠中は、子宮が大きくなって膀胱を圧迫するので、だれでもトイレが近くなることもありますが、出産後は、骨盤の開きによって、尿漏れ症状が起こります。尿漏れも正しく骨盤矯正をしていくうちに、だんだん症状がよくなっていきますから、根気よく骨盤矯正をしていくことがいいでしょう。こう考えるといかに妊娠と出産が女性の体に負担があるかが、わかります。ともすると、出産が怖いことのようにおもわれるかもしれませんが、子供を産めるのは女性しかできないすばらしいことです。また母性というのは、海よりも深いといいます。正しく矯正すればより元気な体になりますから、出産を怖がることはないです。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日