大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 筋肉に原因がある場合のO脚矯正

筋肉に原因がある場合のO脚矯正

日本人の8割~9割がO脚だといわれています。O脚は見た目が美しくないだけでなく、歩くと膝や足首に余計な負担がかかり、人一倍疲れやすくなってしまいます。立ち仕事の人は脚のむくみの原因になりますし、腰痛や肩こりが起きやすくなります。さらに代謝が悪くなって脂肪が溜まったり、冷え性や便秘を引き起こしたりすることもあります。O脚は遺伝的なものと考えている方もいますが、適切な処置を行なえばO脚矯正は十分に可能です。

O脚矯正を行なうには、まず脚が曲がる原因を考えなければなりません。ただし一般的に原因はひとつではなく、いくつもの要素が重なり合っていると考えられます。たとえば偏平足や外反母趾など、足裏に問題がある場合です。足裏をしっかりと踏ん張れない状態だと、歩くときに脚の形が不自然に曲がってしまいます。また膝に問題がある場合もあります。膝がねじれたり反ったりしていると、まっすぐに脚が伸びなくなるのが普通です。

骨盤の歪みはO脚の大きな原因となります。骨盤には股関節が直接繋がっていますから、ここが歪むと脚の向きそのものが歪んでしまいます。ほかにも背骨や頚椎など、間接的に脚の骨と関係する部分は数多くあります。正しくない生活習慣によって、これらの骨や関節に不自然な癖がつくと、しばしばO脚の元になります。したがってO脚矯正では、足裏や膝や骨盤だけでなく、上半身も含めた全身の姿勢を正していくことが重要となります。

O脚矯正というと骨の歪みを正すことと考えがちですが、実は筋肉の矯正も大切です。骨の形を正したり歪めたりするのは、筋肉の役割だからです。とはいえ、むやみに筋トレすれば良いというわけではありません。日常生活で偏った使い方をしている部分、ほとんど使っていない部分を見つけ出し、正しく鍛えなおしていく必要があります。一日中デスクワークなどで同じ姿勢を続けている方は、特に偏りが生じやすくなっていると考えられます。

普通に歩くときや椅子に座るときにも、特定の筋肉を意識することで、O脚矯正に役立つ場合があります。たとえば歩くときは脚だけを動かすだけのではなく、腰から体を押し出すようなイメージを持ちます。椅子に座るときは脚をそろえて背筋を伸ばし、太腿の内側を鍛えるようにします。そのほか寝るときにもO脚矯正に適した姿勢があります。こうした生活習慣を身につければ、矯正の効果が現れやすく、元に戻ることも少なくなるでしょう。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日