大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 骨盤のゆがみを矯正することで便秘解消に

骨盤のゆがみを矯正することで便秘解消に

骨盤のゆがみがあると、便秘になるのはご存知でしょうか。
下半身太りや浮腫みの原因にもなります。
骨盤のゆがみやズレが生じると、骨盤の位置が変わってしまい、内臓下垂を起こしやすくなります。
股関節や内臓が圧迫され、動きを悪くするとともに、血液やリンパの流れも悪くなってしまうので、代謝も下がり、便秘の原因になります。

骨盤のゆがみを矯正することで、便秘の解消に繋がります。
骨盤矯正に通うことも1つの方法ですが、なかなか通う時間がない方、いくら女性の先生であっても、身体を触られるのは嫌だという方も、自宅でストレッチを続けたり、正しい姿勢を意識しながら生活するだけで、効果があらわれてきます。

まず、正しい座り方です。
股関節を90度、ひざ関節を90度、足関節を90度の角度にして、椅子に座ります。
骨盤を立たせるイメージで、左右の坐骨に均等に荷重が乗るようにして、膝は閉じた状態にします。
日本人に多いのは、お尻全体で浅く腰掛けてしまうことです。
浅く腰掛けることによって、骨盤が倒れている状態になり、猫背がちになり、姿勢が崩れてしまったままになります。

次にストレッチの方法です。
片足ずつ行います。
仰向けに寝て、片足を脱力したまま上にあげます。
寝ている時と足を上に上げた時で、骨盤の角度が変わらないように注意しながら行いましょう。
足に長めのタオルを引っ掛けて、タオルの両側を持ちます。
足には力を入れずに、手でタオルを引っ張って、ももの裏側が伸びる角度を探します。
ももの裏側が伸びている感覚のあるところで、ストレッチを続けます。
反対の足も同様に行うようにしましょう。
思いっきり力を入れて引っ張るとももの裏側を痛めてしまうことがあるので、ゆっくり伸ばしていくことが重要です。

お尻にある大臀筋のストレッチも合わせて行うと効果的です。
両膝を立てて、両手を後ろに置きます。
右足を左ももの上に乗せ、息を吐きながら胸をももに近づけます。
1分ほど行ったら、今度は左足を右ももの上に乗せて、息を吐きながら胸をももに近づけます。
どちらのストレッチも毎日行うことが大切です。

骨盤のゆがみが解消されると、姿勢も良くなり、代謝も自然と上がります。
骨盤があるべき場所に戻されるので、お尻や腰回りがすっきりする場合もあります。
代謝が上がれば、腸内の動きも良くなるので便秘や血液、リンパの流れも改善されていきます。
女性に多い冷え性や生理痛なども解消されていきます。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日