大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > 骨盤矯正のストレッチに良い時間帯ややり方

骨盤矯正のストレッチに良い時間帯ややり方

骨盤矯正のストレッチはまず、実感するためには時間かかるため、大事なことは、継続して行うことです。あせらずに毎日行うことがとても大切です。

骨盤矯正のストレッチをするためによいタイミングがあります。普段から、自分ができることができるタイミングでも続けることで効果はありますが、良いタイミングとして、骨盤が開くといわれている起床後が最適です。また、体がリラックスしているお風呂のあとなども効果的です。

逆に骨盤矯正のストレッチを控えた方が良い時期として、生理中は、経血などを体の外にだすための時期のため、無理に締め付けることは良くありません。また、腰痛や肩こり、痛みがあるときなどは無理して行うと逆効果になってしまいます。

骨盤矯正ストレッチの方法は、まず、仰向けに寝て、両膝を立て足裏は床につけたまま足をゆっくり右に倒し、肩が床から離れないよう息を吐きながら倒します。息を吸いながら、足を戻して右側も同様1,2分程度続けます。

また、お尻歩き体操というのもあります。身体を大きくねじることで新陳代謝がアップして、脂肪燃焼率が上がるという効果もあります。方法は、足を伸ばして、できるだけ柔らかい場所に座ります。次に身体を大きく捻りながら、右の骨盤を前に出し、次に左の骨盤を前に出すということを繰り返し、10歩いて、バックで戻ることを3セット行います。

腰がいためやすい人の場合には、腰をあげるだけでも効果があります。仰向け寝て、両足を挙げて両手で身体を支えながら、腰とお尻を上げ、そのまま3秒維持したあと、お尻を床に下ろして10秒から15秒くらい力を抜いてリラックスをします。

また、寝ながら行うことができる方法として、ひざを外側に曲げて、足を外側に開いた状態で10秒から20秒キープします。次に足裏をつけた状態でひし形に開いて10秒から20秒キープします。

寝ながらひざを寄せることで骨盤の左右の高さを整える方法があります。その際には、息を吐くことで骨盤周りが緩みやすいため、動きに合わせて深呼吸を行います。深呼吸にはリラックス効果もあるため、疲れを感じたときなど気持ちを落ち着かせる効果もあります。

骨盤をフラフープのようにまわすストレッチも有効です。両足を肩幅位に開いて、両足先の向きをまっすぐにそろえてたち、両手を腰に当ててフラフープを回すように腰をゆっくりと水平に回します。

骨盤矯正ストレッチはしっかり続けることで効果を発揮させることができるので、無理なく続けることがとても大切です。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日