大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > O脚になる人の特徴と座り方改善によるO脚矯正

O脚になる人の特徴と座り方改善によるO脚矯正

日本人の9割はO脚になっていると言われていますが、このO脚になってしまう原因には様々なものがあります。生まれながらの体質であったり、怪我をした後遺症であったりといったことが挙げられますが、やはり一番の原因は生活習慣です。歩き方が悪いとO脚になってしまうというイメージを持たれやすいですが、実は座り方が悪いこともO脚を引き起こす原因になります。

O脚になりやすい座り方ですが、横座り、あぐら、脚を組んで座るの3つが挙げられます。横座りを続けていると、骨盤の歪みを引き起こし、その歪みが徐々に体全体に移っていきます。骨盤の歪みがひどくなると、脚が自然と開くようになりO脚になってしまいます。また、あぐらを組んでいると、脚の形がOの字になりやすく、長い間続けているとそれが癖付けされてしまい、立った時にも脚が開くようになってしまいます。脚を組んで座ると、両足のバランスが崩れてしまい、O脚だけでなく体全体が歪む原因になります。特に、女性の方は脚を組むことによって脚を綺麗に見せようとすることがありますが、これを続けているとO脚になってかえって脚が汚く見えてしまいます。O脚矯正を行っていく上ではこういった座り方を改善していくことが大切です。では、どう座ればいいのかについてですが、まずは椅子に深く腰掛けて背筋を伸ばして座るようにします。このとき膝の角度とお尻の角度がそれぞれ90度になるように座るのが良いです。脚を組んだりせずに、つま先は正面に向けておいてください。

長時間座っていてその姿勢が疲れてきたら、脚を等間隔に少し開くことでリラックスさせることができます。背もたれのある椅子に座る場合は、背もたれと背中が平行になるようにしっかりと背筋を伸ばすようにしてください。床に座る場合は脚をまっすぐに揃えて伸ばすように座ってください。このとき、手を後ろで支えて座ることで、体に負担をかけないようにすることができます。正座をする際には、脚を横に出したりせず、正しい姿勢で座るようにしてください。きちんと座ることによってO脚矯正を行うことができます。改善したての頃は慣れないため、しっかりと意識をしていなければすぐにあぐらをかいたり脚を組んだりしてしまうので、なるべく正しく座ることを意識してください。辛いのは最初だけで、慣れてきたらその方が楽になってくるので、O脚矯正をしたい方は最初の数日間を頑張ってO脚改善を行ってみてください。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日