大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > O脚矯正に重要な筋肉とその改善方法

O脚矯正に重要な筋肉とその改善方法

O脚の膝の形は膝は外に変形し、それをかばう為に股関節も外に変形します。足関節は姿勢を正そうと内側やや外反に変形する必要があります。このような姿勢を運動方向でいうと、股関節は外転・外旋し膝関節は屈曲・内旋、足関節は外反します。この特徴的な姿勢は、骨のアライメントによるもので、膝関節の摩耗・ひび割れによるものです。特に膝関節の内側が摩耗・ひび割れすると荷重線を内側に乗せると痛みが生じます。その為、外側に荷重線を乗せざるを得ない状態となります。

荷重線を外側に乗せざるを得ない状態では、上記のように各関節・各筋肉に自由な選択が出来なくなります。つまり限られた運動パターンでしか動作が出来なくなり、それを繰り返すことで変形した動作を強化してしまいます。結果、変形を助長する悪循環となります。O脚矯正において重要な事は、この異常なパターンを改善しながら出来るだけ正常な動作パターンを強化し膝への負担を軽減していく事が重要な視点となります。

上記では原因は関節と筋肉の問題に焦点を当てました。関節に関しては骨と軟骨などの軟部組織で構成されており、一度変形してしまえば、外科的手術を除き改善は難しいです。しかし、関節に関してはこれ以上変形を防ぐ事は可能です。変形を防ぐには関節可動域訓練という方法があります。とくにO脚では膝が屈曲・内旋している事が多いので、反対方向の伸展・外旋方向は著明な制限が生じている事が多いです。まずは反対方向に痛みの無い範囲での曲げ伸ばしを行うことで関節可動域を維持する事が出来ます。

筋力の問題としては、骨盤から始まり膝関節外側を経由し脛骨に止まる腸脛靭帯というものが有ります。この腸脛靭帯は殿筋群と大腿筋膜張筋により支持されている靭帯で、O脚の方はこの筋が短縮しているケースが多いです。O脚矯正に関して言えば、この靭帯を曲げ伸ばしする事で正常パターンに近づける事が出来ます。注意点としては強く曲げすぎたり、素早い動きは関節に負荷が掛かります。ゆっくりとした運動で息を吐きながら行う事がポイントです。

腸脛靭帯を伸張・収縮させるには、股関節・大腿骨を固定した状態で下腿を内外反、反対に下腿を固定した状態で股関節を内外旋する事でストレッチする事が出来ます。O脚矯正においては、軟骨をすり減りなど負担がかかった結果、生じているものなので過度な運動負荷は負荷量が強すぎます。愛護的な膝関節を中心とした運動がO脚の症状を悪化させず、少しでも痛みを減らす為に重要な運動となります。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日