大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > O脚矯正のエクササイズ方法について

O脚矯正のエクササイズ方法について

日本人の約9割がO脚であると言われ、先天的な原因が関係している場合もありますが、後天的な原因の方が多くなっているのが現状です。
運動不足や生活習慣、歩き方などを見直すことで、改善に期待ができます。
矯正サロンに通う余裕がない方なども自宅で簡単にできるO脚矯正のエクササイズがあります。
O脚矯正をすることによって、下半身太りやむくみ、冷え性なども改善することができます。

足を閉じた状態で行う屈伸運動のエクササイズです。
両足を揃えて真っ直ぐ立ちます。
両膝がぴったりとくっつく位置まで、膝を曲げていきます。
この時、お尻を突き出さないよう、上半身は真っ直ぐ起こしたままで腰を落としていきます。
両膝が離れないよう、くっつけたままで膝を伸ばしていきます。
この時も上半身は真っ直ぐに起こしたままにします。
上半身が左右にブレないよう注意しましょう。

タオルを使ったスクワットエクササイズです。
背筋を真っ直ぐに伸ばし、畳んだタオルを膝に挟みます。
両手は腰に軽く添えましょう。
タオルを挟んだまま、お尻を真っ直ぐ下に落としながら、膝を曲げます。
上半身のバランスが崩れないよう注意しながら、かかとをあげて爪先立ちになります。
爪先立ちのまま、曲げていた膝も含めた全身を上に伸ばします。
頭頂部から、上に引っ張られるようなイメージで行いましょう。
膝に挟むタオルは、2?3cmほどの厚さにすると、ちょうど良いです。
爪先立ちになることで、ふくらはぎのストレッチにも繋がります。

座ったままで内転筋を鍛えるエクササイズです。
ビニール製の野球ボールくらいの大きさのボールを準備します。
ない場合には、タオルを巻いて筒状にしたものを代用しても大丈夫です。
背筋を伸ばした状態で、椅子に浅く座り、両足のかかとをつけます。
その状態のまま、両足の親指をぴったりくっつけます。
ビニール製のボールを足の付け根の内ももで挟むことができる位置に置きます。
内ももの付け根の方から、足を閉じていきます。
内もも全体の筋肉を鍛えることができます。

正しい歩き方をプラスすると、より効果的です。
つま先を真っ直ぐ進行方向へ向けて、かかとから着地します。
足の親指を使い、地面を蹴ります。
軽く肘を曲げて、足の動きに合わせて前後に腕を振って歩きます。
腕を振ることで、自然と骨盤も動きやすくなります。

O脚矯正エクササイズは毎日行うことが大切です。
無理しない範囲でエクササイズを続けていきましょう。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日