大学で多くの骨盤講座を受け持つ専門家のサロン。骨盤矯正の発祥地としての歴史と確かな実績が ここにあります。
YPCwebトップページ > コラム > O脚矯正の際は骨盤だけでなく足首にも注意

O脚矯正の際は骨盤だけでなく足首にも注意

O脚の原因として骨盤の歪みはよく指摘されることですが、原因はそれだけではありません。O脚は、大腿骨やすねの骨など、脚の骨やその関節部に対して、正しい方向で体重がかからないことによって発症します。そして、直立二足歩行する人間は、自身の体重を骨盤から脚を伝って足裏に伝え、足裏が全体重を支えて立ったり歩いたりします。即ち、O脚矯正のためには、骨盤だけでなく、脚から足裏につながる途中の足首にも注意が必要です。

人間の下半身の構造は、骨盤の下に脚があり、その下に足があるという構造になっています。そのため、人間が立った状態では、骨盤が上半身の体重を支え、その重さを脚に伝えます。脚は骨盤から伝わった体重を支えて、その体重を脚に伝えます。即ち、脚は、上は骨盤に、そして下は足首に繋がっている構造になっています。

もしも骨盤や足首が歪んでいると、骨盤から脚に伝わる荷重の方向が乱れ、脚にかかる荷重の方向が正常な状態と異なってしまいます。即ち、脚骨や脚の関節に正しい方向で体重がかからないため、脚骨の関節への繋がり方が悪くなって、O脚になります。そのため、O脚矯正の際には、骨盤の歪みだけではなく、足首にも注意が必要となります。

足首に潜むO脚の原因は、そのねじれです。ねじれていると、体重が正しい方向にかからないために、O脚になります。しかし、足に何の異常もないのに、ねじれが生じることもありません。ねじれが生じるということは、足に何らかの異常があるためです。足に発生する異常として挙げられるのは、外反母趾や偏平足、それに浮き指です。これらの異常があると、歩く際に足の指を上げて地面に着けない状態で歩く、いわゆる指上げ歩きの状態になります。

人間が直立二足歩行をする場合、足は踵から着地して、次第に前の方に体重が移っていき、最後は足の指に体重がかかって、足の指で後方に蹴るようにして、その足をまた前に出していきます。しかし、指上げ歩きをしていると、最後に足の指で後方に蹴ることができず、つま先が外に流れた歩き方になります。

つま先が外側に流れる様な歩き方をしていると、その際の荷重に耐えるためにすねの外側の筋肉が発達するので、腓骨の上端分が外側に引っ張られます。また、股関節もその影響を受けて、脚の付け根で大腿骨が外に引っ張られます。腓骨や大腿骨が外側に引っ張られた状態がO脚です。

このような理由から、O脚矯正をする場合には、骨盤の歪みを取り除くことは重要ですが、それだけではO脚の原因を全て取り除いたことにはならない場合が多いため、折角矯正したのに再びO脚になってしまいます。そうならないためには、骨盤だけではなく、足首の状態にも注意が必要です。

次の記事へ
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュのキャンペーン情報/お得なキャンペーン情報を用意いたしました!
  • カウンセリング/お気軽にご相談ください。
  • O脚矯正 小顔矯正 骨盤矯正 リンパドレナージュ著書一覧 -Book List-
  • お気軽にお問い合わせください/TEL:03-3983-8081/東京ボディセラピストサロン

    受付時間
    平日 11:00~19:00
     (20:30まで営業)
    土日祝日 9:20~17:20
      (19:00まで営業)

    休日
    年中無休(年末年始、夏季休業以外)

    お問い合わせ
  • 関連店舗
    • 銀座エミール
      TEL:03-3566-8081 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      木曜定休
    • こうのとり療法 子宝治療院
      TEL:03-3564-4124 受付時間
      平日:11:00~20:30
      土日祝:9:20~18:50
      休日
      年中無休
    • 赤ちゃん専門治療院 べびきゅあ
      TEL:03-3971-0415 受付時間
      平日:11:00~15:30
      日曜: 9:30~14:30
      休日
      月曜日・水曜日・木曜日・日曜日